UGGブーツとサンダル
 
特長
UGGブーツ
高品質のシープスキンのみを使用しており、柔らかで履き心地の良さがUGGブーツ最大の特長です。
メリノウールという羊毛の中でも最高級とされるウールで、オーストラリア・メリノという種の羊からとれます。
メリノウールはソフトでしなやかな肌触りと美しい光沢が特徴ですが、オーストラリア・メリノはオーストラリアの環境に適応するよう、品質改良を重ねられて生まれました。
そのため羊の中で最も白くて細い毛を持ち、最高品質と言われています。
羊毛の約30%は19ミクロン以下という細さだそうです。

ブーツの中はたっぷりのファーで埋め尽くされていますが、外側は革の表面をサンドペーパーで起毛させてあり、ソフトな仕上がりとなっています。
シープスキンは様々な表面仕上げが可能な上にしなやかで軽く暖かいという理想的な素材だそうです。

そしてもう一つのポイントがソールです。
ソールに使用されている素材はEVAと呼ばれる合成樹脂です。
エチレン、ビニール、アセテートを混ぜて圧縮したもので、わかりやすくいえば硬いスポンジのような素材になります。
EVAは耐久性と弾力性に優れていて水にも強いのがポイント。
さらにはとっても軽いので歩いてても疲れません♪
 
 
本物のUGGブーツ
UGG
本物の羊毛は焼くと灰になり、その灰を触るとパラパラと粉になっていきます。
一方、合成繊維は溶けるように燃えていき灰になることはないそうです。

UGGブーツは縫い目部分から少しボアが抜けてきますので、その抜けたボアを焼いてみれば本物かどうかすぐにわかると思います。
髪の毛を燃やした時のような臭いがします。
このボアが抜けてくるというのは新品のブーツでは必ず起こりますが不良品ではありません!

UGG australiaの製品であれば、2010年秋モデル以降はセキュリティタグが付けられています。
箱と左足ブーツの内側のタグに付けられた反射部分を傾けて、太陽のロゴが黒から白へ変われば正規品と見分けられるようになったそうです。

購入前にチェックしてみて下さいね。