UGGブーツとサンダル
 
ブーツができるまで
UGG
UGGブーツってどうやって作っているんだろうと不思議に思い、製造工程を調べてみました。

まず、付着した汚れを取り除くため、16時間ほど水ですすぎます。
そして専用の機械で羊皮の裏をキレイにし、界面活性剤で30~45分ほど洗浄します。
その後、塩分を加えた酸に浸してペーハー(pH)値を2.8~3.0まで下げます。
ここまでが下準備です。

次に羊毛の色を染めます。
ペーハー値をコントロールしながら3~4時間かけゆっくりと染めていきます。
染め終わったら乾燥機を使い24時間ほどかけ乾燥させます。
乾燥させる時は50~80度の高温で乾燥させるそうです。
最後にドライクリーニングをかけ羊毛の染色は完了です。
それから羊皮の染色をします。

仕上げに羊毛を機械ですいていきます。
ここでからんだ異物を取り除き、最後に長さを一定に切りそろえます。

これで生地は完成です。 ここからはブーツの形へと仕立てをしていくのですが、オーストラリアのメーカーは職人が一つ一つ手作りで仕立てるそうです。

一例ですので、全てのUGGブーツがこの工程で作られているということではありません。
しかし、UGGブーツを作るのには相当な時間と手間がかかっているんですね。
これだけこだわって作られたブーツだからこそあの履き心地と実用性が生まれるんだなぁと改めて実感しました。

 
 
オーストラリア・メリノ
シープスキン
メリノ種は世界で最も優れた品質の羊毛で、羊の代名詞的存在でもあります。
中でもオーストラリア・メリノは特に優れていて、他のメリノ種とは違う特性を持っています。
羊の中で最も白く、細く、捲縮が多い毛は長くて丈夫でしなやかという衣料用に最適な品質です。

オーストラリア・メリノは繊維の太さによって3つのグループに分類されています。
● ファイン・メリノ
限られた地方だけで飼育されており、繊維の太さは18~19ミクロン、長さは70~75mmほど。

● ミドル・メリノ
繊維の太さは20~22ミクロン、長さは90mmほど。

● ストロング・メリノ
厳しい環境にも耐えられる生命力を持ち、広い範囲で飼育されており、繊維の太さは23~25ミクロン、長さは100mmほど。