UGGブーツとサンダル
 
基本のお手入れ
まずは基本的な靴のお手入れについて。

靴の中は常に湿気を含んでいます。
そのままにしておくと細菌が繁殖しカビが発生してしまう可能性もあるんですよ。
革靴は通気性が高いので湿気を外に逃してくれますが、ビニール製などの靴は湿気をコントロールできないので靴の中の状態はかなり悪いと言えます。

お手入れの基本は履く前にまずケアをする、いわゆるビフォアケアが大切ということです。
事前に防水や汚れ防止のスプレーまたはクリームを塗っておくことで後々のケアがラクになります。

履き始めてから大切なことはやはり靴を適度に休ませてあげることです。
靴も1日中履いていれば疲れるものです。
型崩れ防止、長持ちさせるためにも脱いだらしっかり乾かしてあげましょう。

靴を脱いだらすぐささっとブラッシングしてあげるだけでもその日の汚れが落ち、シミや色落ちを防げます。
その日の汚れはその日のうちに取り除いてあげましょう。

みなさんも悩まれるのが雨の日はどうしようということではないでしょうか。
理想を言えば雨の日に履かないということを心がけていただきたいですが、なかなかそうもいきませんよね。
濡れてしまった場合は乾いた布でしっかり拭き取ってあげてください。
中まで湿ってしまっていることもありますので、靴の中に丸めた紙や布を入れて風通しの良い場所で乾燥させましょう。
完全に乾いたら防水スプレーやクリームを塗ってください。

乾燥させる際には、必ず陰干しということを覚えておいて下さいね。
直射日光に当てるのは厳禁です。
 
 
保管方法
お手入れと同様に重要なのがどのように保管するかということです。
久しぶりに履こうと思ったらカビが…とか革が…とならないようにしましょう。

これはお手入れと同じことになりますが、保管前にしっかりと乾燥させることが最も重要です。
少しでも湿ったままにしておくと保存している箱の中でカビの大量発生!なんてこともありえます。
それだけでなく、革が劣化してしまったり硬くなってしまったり…。
さまざまなトラブルにつながってしまうのでご注意を。

しっかり乾燥させた後は形を整えます。
型崩れを防ぐため、シューキーパーを入れてあげるのが理想です。
シューキーパーがなければ、紙や布を入れておきましょう。

そして保管ですが、風通しのよい低温少湿な場所にしまいましょう。
玄関の靴箱は風通しが悪いことが多いので、乾燥剤を入れてあげてくださいね。

他の靴と接触した状態で保管してしまうと色移りしてしまうことがありますので、くっつかないようにしてください。
そして、保管中でも時々は箱から出して陰干ししましょう。