UGGブーツとサンダル
 
サイズ選び
靴を選ぶ時、一番大切なことはサイズ選びです。
デザインに惹かれて買ったけど、全然足に合ってないなんてことありませんか。
小さすぎたり大きすぎたり…足のサイズに合っていないとトラブルの原因になっていまいます。

まずはチェックしていただきたいいくつかのポイントをご紹介します。

・ かかとが合っているか。
・ 幅が合っているか
・ 履き口の隙間はないか。
・ サンダルやオープントゥの先から指が出ていないか。

靴が大きくてかかとが靴のかかとより内側に入ってしまっていたり、靴が小さくてかかとが靴のかかとからはみ出ていたり。
そのような状態では歩きにくいですし足に負担もかかりますのでサイズ選びが間違っているかもしれません。

幅が合っていなくても見た目にきつそうでスッキリしませんし、はっきりと指の形が出てしまってもかっこ悪いですよね。
両サイドに隙間がある場合、土ふまずの形が靴と合っていない可能性があります。 中敷きを敷いたりお店で調整してみても合わない場合は足幅に合った靴を探しましょう。

つま先部分があいている靴を履いた時にはみ出てしまうことありますよね。
甲が薄い人だと前に滑ってはみ出てしまいますので、中敷きを敷いて調整してみてください。
 
 
サイズの測り方
足のサイズ=足長というわけではありません。
正しい靴選びをするためにも、足長と足囲を知っておく必要があります。
ご自宅でも簡単に測れますのでお試しください。

 足長
まず、紙に十字線を引きそのうえに立ちます。
十字線が交わる直角部分(交点)にかかとを合わせましょう。
立つ時は肩幅に足を開き、両足に均等に体重をかけまっすぐ前をみて足の人差し指の先端を直線に合わせます。

一番出ている指に三角定規をあて、縦線と三角定規が交わったところに印をつけます。
かかとの交点から印をつけたところまでが足長です。

 足囲
親指の関節の一番でっぱっている部分と小指の関節のいちばんでっぱっている部分を足幅と言いますが、この足幅の周囲の長さが足囲となります。
メジャーでぐるっと一周させて測りましょう。